1. 食菜館くららトップ > 
  2. 産地間交流コーナー

産地間交流とは

産地間交流とは

秋田県潟上市は、農聖と呼ばれた石川理紀之助翁の出身地です。石川翁は、 常に地域に根ざした農業指導を行い、自ら貧農体験をすることで農民の信 頼を得るなど、農村救済活動に生涯をかけた偉人です。 第169回通常国会において当時の福田康夫内閣総理大臣の施政方針演説で引 用された「井戸を掘るなら水が湧くまで掘れ」や「何よりも得がたいのは 信頼である。進歩とは厚い信頼でできた巣の中ですくすく育つのだ」という 言葉はあまりにも有名です。 明治35年、その石川翁が56歳のとき、尊敬する前田正名から九州の開田事業 の手伝いを依頼されて出向いたのが、今の都城市(旧山田町:当時の北諸県郡 中霧島村)です。滞在期間はわずか6ヶ月ほどでしたが、当時、霧島山の火 山灰に囲まれた大地で、農作物の不作にあきらめムードが漂っていた村に入 り、自らが村の一員になりきって農業指導にあたるなど、村の農業研究に尽 力しました。石川理紀之助翁の教えや精神は、現在も潟上市及び都城市の農 業に地域遺伝子(自給・産物・人・歴史)として受け継がれています。この石 川翁が結んだ縁により、都城市との産地間交流を推進します。

産地間交流都市一覧

宮崎県都城市 都城市HPを見に行く!

順次準備中です。産地間交流をする都市を選考中です。お楽しみにお待ちください。

食菜館くらら

食菜館くらら

営業時間
9:00〜18:00 (冬期 9:00〜17:00)
定休日
年末年始
電話番号
018-878-9871

ページのトップへ